×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブラックウォーターについて

ブラックウォーターとは?
ブラックウォーターはその名の通り黒色まではいきませんが濃い茶色の水のことです。
またブラックウォーターを作る粒状のブラックピートやピートモスは水質やphのバランスを
常に保ってくれます。
ベタの原産地でもこのような濃い茶色の水です。
ベタやグラミィなどの弱酸性を好む魚にとってブラックウォーターは最適なものです。

これでベタや弱酸性の水を好む魚の水槽に入れると発色がよくなり状態も良い状態で飼育できます。


粒状ブラックピートの効果
まず始めにブラックピートの成分はフミン酸、タンニン、微量元素などの
魚に必要な天然有機物が含まれています。
そのため魚に自然の防御(魚の免疫)を
活性化させてくれる働きがありそれによって病気の発生率が低くなります。

また細菌の拡散を食い止める効果や雑菌除去効果などもあります。
それにこれで生物ろ過も出来ます。水は茶色くなりますが水を綺麗にしてくれて
水質を弱酸性に傾けて硬度をさげるといった効果もあります。
繁殖水槽に使うとその魚の繁殖を促す事もできるようです。

また稚魚にも上記のことが働きかけますので健やかに育ってくれます。
それにコケの発生も抑えてくれます。[aqua vital]という粒状ピートは化学添加物や予防薬といった
有害なものが入っていなく安全な天然の製品なので初心者でも安全に使えます。


普通の水との比較
[左から粒状ピート実物 おいしい水とブラックウォーターの比較 濃い目のブラックウォーター]

普通の水と比べるとやはり硬度が低くphも弱酸性に傾いていました。
粒状ブラックピートはウサギの糞みたいにころころしています。一番右の写真はベタの稚魚水槽です。
この水槽ではほとんどの稚魚が生き残っていますので効果はあったのだとは思います。

HOME】 【about betta